初心者向けFX講座@デモ取引は果たして必要か?

FX取引に取り組む前の前段階として、デモンストレーション取引なるものが各FX会社に用意されていることは有名な話。

各会社が工夫を凝らし、シミュレートの精度も良い。

ディティールも作り込まれていて、本物のFX取引とほぼ同じようなシステムを持ってして取引を体験することが出来る。

しかしながら、デモ取引には金銭の損得が生じない。

「リスクを背負うことなく取引を体験できる」というようにそれをメリットとして捉えることも出来るが、その裏で、「リスクが生じないばかりに、緊張感のない取引をしてしまう」というデメリットととることも出来る。

むしろ、そういった緊張感を取り除いた甘い取引になれてしまい、本番でも緊張感無く相場を眺めてしまう可能性だって出てきてしまう。

そう考えると、いきなり本取引に向かうことも決して悪くないのではないかと考えてしまうのだ。

もし仮にビギナーがいきなり本取引をするのであれば、まずは1万通貨程度から始めるのがベストだと思う。

0.5円下がってしまうと5000円の損害。

0.5円上昇したのであれば5000円の利益。

この程度の規模の取引で体を慣らすことがビギナーには一番良いのかもしれない。

本やインターネットの記述を見て、「これなら私にも出来そう」だとか「やっぱり簡単だ」と思っていたことが、実際の取引を目の前にして、金銭という具体的なリスクを背負ってみて初めて、いかに難しいことであるかがわかる。

よく言われる話ではあるが、100人が一斉にFXを始めたとして、半年後にはその人数は50人くらいにまで落ち込むらしい。

そして1年後には10人にまで減るなんて話もある。

結局、利益を生み出すためには何らかの代償が必要で、その代償を理解しないままFX取引を初めてしまう人が多いというのは紛れもない事実。

経験にしろ時間にしろ。

勉強するための労力。

相場を気にしている間の精神的疲労。

これらのリスクを払ってみて初めて利益が得られる、くらいの心構えでFXに取り組んでみてほしい。

刺青除去の方法とは

古本を買取に出してみた

着物買取の高額査定

シマックス 塗装

着物買取の高額査定